人生 和やかに 樂しく!

和樂タクシーの原点

13年間 車イス生活だった親父さん

私の父は、60歳の時に重症の脳溢血を起こし、2年に渡る長い入院生活の後、左半身麻痺の状態で家に戻り、73歳で他界するまで13年間車イス生活でした。

 

ドライブが大好きだった親父さん

父は40歳を過ぎたころ、一念発起して運転免許を取得して、勤務先の部下から譲り受けた中古車を皮切りに、何台もクルマを乗り継ぐクルマ好きになり、家族を乗せてよくドライブ旅行にいったものです。

 

車イスになってもドライブは大好き

車イス生活になってからは、週末に息子である私が父を助手席に乗せて、小一時間のドライブすると、とても喜んでくれました。

「カラダが不自由になっても、外に出ることは大切」と実感したのが、私が介護タクシーを始めた原点になります。

 

第二の人生として

長いサラリーマン生活を卒業し第二の人生を考えた際、迷いなく介護タクシーを個人事業として始めることとしました。

年齢や病気・ケガのせいで、ちょっと体が言うことを聞かないがためになかなか自由に外に出かけられない、そんな方の外出を少しだけお手伝いしようと思った次第です。

そのための介護の資格やタクシーの二種運転免許は、サラリーマン時代に土日を潰して学校に通って準備していました。


人生をエンジョイ!

介護タクシーを使ってみてください

父は73歳で他界しましたが、昭和7年生まれの母は歩行器を使えばなんとか自分の足で歩ける状態(要介護2)で、まさに「介護タクシー」のお世話になる状態です。

人間、誰でも年を取ればあちこちガタがきて、個人差はあれども機能が落ちていくのは必然です。

足・腰・膝・腕・肩・・・、どこかが痛くて外に出掛ける機会が減ってしまうのは、とてももったいないし、ココロにも良くないと思います。

私の母も、車イスを積んでクルマでショッピングセンターに連れて行くと、目が輝きます(笑)

お年を召した方や、お身体のどこかに障害がある方など、普通のタクシーでは不安や支障があれば、ぜひ介護タクシーを利用してみてください。

私は単なる介護タクシーの運転手で、お客様とは「赤の他人」ですが、気持ちは「身内」「遠い親戚のおっちゃん」くらいのつもりで接しています。

皆さんがどんどん外に出て、人生をエンジョイするお手伝いを少しだけできれば、と願っています。